溶融亜鉛めっき

溶融亜鉛めっきの特性

鉄は強いが錆やすい欠点がある。
鉄を錆から防止する方法は種々ありますが、長期にわたり最も経済的で耐蝕性に優れているのが、溶融亜鉛めっきです。

弊社の厳しい品質管理体制でのめっき生産工程は鉄をより美しく、より丈夫にするため「鉄を錆から守る」特効薬として、あらゆる分野の鉄製品に生命を与えています。

耐食性に優れています。

溶融亜鉛めっきは防錆作用に優れ、強力な保護被膜と電気化学的防食作用によって、あらゆる分野(大気中・水中・海水中・土壌)の鉄製品に利用されています。

経済的に富んだ防食方法です。

長期的に防錆効果があり、塗装と比較しても、ほとんど補修する必要がなくコスト的にも安く、長期にわたり最も経済的です。

隅々までむらなくめっきができます。

ボイラー・タンク・パイプのような中空体の製品など、内外面すべて隅々までも完全にめっきができ、特に内面からの錆も防止します。

密着性にすぐれています。

溶融亜鉛めっきは、鉄と亜鉛の合金反応で形成し、その上に純亜鉛層が付着しているため、密着性がより優れています。
このため、衝撃・摩擦などによる剥離はありません。

溶融亜鉛めっきの加工工程

①脱脂

油脂類を除去します。加温した12~15%のアルカリ脱脂液(苛性ソーダ)に浸漬します。

②酸洗

さび・黒皮(ミルスケールなどの酸化被膜)を除去します。6~10%の塩酸に浸漬します。

③フラックス

被めっき面を清浄にし、めっきまでのさびを防ぎます。28~35%の塩化アンモニウム溶液に浸漬します。

④めっき

溶融亜鉛と鋼の合金反応によるめっき被膜を形成させます。450℃前後の溶融亜鉛に浴に浸漬します。

⑤冷却

合金反応を止め安定しためっき面をつくります。通常、温水に浸漬しますが、歪発生が想定される場合は空冷します。

⑥仕上

余剰亜鉛・酸化物等の除去を行います。ヤスリ・サンダーなどで行います。

⑦検査・試験

外観検査及びめっき試験を行います。電磁膜厚計により膜厚検査を行います。

溶融亜鉛めっきの設備・機械


めっき・加工処理設備

第一工場(大型めっき工場)

  長さ(L)×幅(W)×深さ(D)  
脱脂槽 13,500×1,700×1,800 1基
脱脂水洗槽 13,500×1,500×1,800 1基
酸洗槽 13,500×1,700×2,000 3基
水洗貯留槽 13,500×1,700×1,800 1基
フラックス槽 12,500×1,400×1,900 1基
めっき釜 12,500×1,400×2,000 1基
冷却槽 13,000×1,600×1,700 1基
集塵装置
単独走行式
めっきクレーン
1.4ton×8レーン
大型めっき槽 12.5(L)×1.4(B)×2.0(D)
大型めっき槽

生産能力 月間 1,500ton

第二工場(中型めっき工場)

  長さ(L)×幅(W)×深さ(D)  
脱脂槽 11,000×2,000×2,000 2基
脱脂水洗槽 11,000×2,000×2,000 1基
酸洗槽 11,000×2,000×1,700
11,000×2,000×2,500
2基
1基
鋳物処理槽 4,500×2,000×1,700 1基
水洗貯留槽 11,000×2,000×1,700 1基
フラックス槽 9,000×2,000×1,700 1基
めっき釜 8,000×1,800×2,500 1基
冷却槽 9,000×2,200×2,400 1基
集塵装置
単独走行式
めっきクレーン
1.4ton×6レーン
中型めっき槽 8.0(L)×1.8(B)×2.5(D)
中型めっき槽

生産能力 月間 1,500ton

その他の設備

矯正プレス

100ton 1基  30ton 1基

試験設備

JIS ・ 外国規準  1式

廃水処理装置

1式

白錆防止設備

1式

トラックスケール

40ton 1基